血糖値は若さに関係ない|上手に付き合おう

栄養補助食品

人気のドリンク

飲料

自宅で簡単に作ることが出来るグリーンスムージーですが、その作り方や飲み方には注意が必要です。グリーンスムージーに使用することが出来る野菜は基本的には葉野菜です。身近な野菜として、キャベツがありますが、キャベツをメインにしてしまうとガスが溜まりやすくなってしまいますので、避けたほうが良いでしょう。また、ネバリがある野菜やでんぷん質が豊富に含まれている野菜、ニオイが気になるような野菜も避けたほうが良いでしょう。また、体質や何らかの疾患がある場合には、生の野菜を使用するグリーンスムージーが向いていない場合もあります。体調に不安がある場合や日常的に医薬品を服用しているというような場合には、あらかじめ医師に確認するようにしましょう。

グリーンスムージーを飲みやすくする方法としては、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどのタンパク質が含まれているものと混ぜるという方法があります。味がまろやかになり、野菜の苦味やクセ、ニオイなどが軽減されるというメリットがあります。グリーンスムージーを飲みなれない、野菜のクセが気になるという場合には、最初のうちは牛乳などを混ぜ合わせても良いでしょう。グリーンスムージーは冷凍された果物を使用することにより、口当たりが良くなり、おいしくなります。しかし、冷たいため体を冷やしてしまう可能性があります。特に、エアコン等で体が既に冷えているような場合には、常温の状態のグリーンスムージーを飲むか、グリーンスムージーを飲む前に白湯などを飲むようにしましょう。