血糖値は若さに関係ない|上手に付き合おう

ダンベル

人気のドリンク

飲料

手軽に揃えることが出来る材料で作ることが出来る健康ドリンクである、グリーンスムージーは原料を選ぶ際にいくつかのポイントと注意点があります。また、体を冷やさないようにするためにも、常温で飲む事が大切です。

もっと読む

活性酸素の影響

サプリメント

結構怖い

血糖値が急激に上がり下がりを繰り返すと糖尿病になるリスクが高くなります。若い方でも注意が必要です。糖尿病は1型と2型があり、ほとんどの方は2型です。2型は肥満体型で運動嫌いな方が多いです。加齢や生活習慣が原因であるため、高齢者が多くなると患者数も増加する傾向にあります。血糖値をコントロールすることにより糖尿病だけでなく、様々な疾患を予防することができます。血糖値が上がるとそこから活性酸素が生成され、血管をもろくし、周辺の細胞にもダメージを与えます。よって心筋梗塞や老化の原因になります。活性酸素を除去することにより生活習慣病を予防する対策が進められており、臨床、非臨床において抗酸化剤の開発がすすめられています。

食事の方法

血糖値の上昇を抑えるためにはいくつかの工夫があります。ベジタブルファーストで食物繊維により糖の吸収を抑えることや食後の運動により血糖を早期に細胞内に取り込み血糖値を下げる方法などが一般的に知られています。小麦粉は一気に血糖値を上げ、ご飯には食物繊維が含まれているためまだ上昇が抑えられると言われています。また大豆は血糖値の上昇がかなり低いことがすでに分かっています。血糖値上昇の目安としてGI値があります。GI値だけでは正確な判断はできませんが、目安になります。ベジタブルファーストで血糖値上昇を抑えても早食いをすると意味がありません。ゆっくりしっかり噛み食事を楽しみ15分以上かけて食べることが最善の方法です。

話題の酵素ダイエット

肥満体

お嬢様酵素での断食ダイエット成功のポイントは飽きない工夫です。割る飲み物を変えたりして味に変化を付けることで無理なく飽きずに続けることができます。そして、気を付けたいのが回復食です。回復食での食べ方をしっかりと守ることがダイエット成功のカギとなっています。

もっと読む

ダイエットを始めよう

酵素ドリンク

辛い運動、面倒なカロリー計算をする必要のないダイエット方法として、注目されているのが、酵素ドリンクダイエットです。普段の食事の代わりに摂取することにより、無理なく摂取カロリーを抑えることが出来るという特徴があります。

もっと読む